保険見直しの時期

Insurance service

保険を見なおすタイミングは色々あります。結婚や出産の家族が増えた時や転職、転勤で別の地方へうつるときなど様々です。見なおすことで補償額の無駄をなくし節約が可能です。

Read More...

様々な相談の形

Insurance service

近年では、保険窓口の店舗型やインターネット上の保険相談サイトで、急増に利用者が増えてきています。見なおすことによって無駄を省くことができ足りないものを補填できることが背景と言えます。

Read More...

複数の保険会社を

Insurance service

保険会社の保険を複数取り扱っている保険相談をする来店型の保険ショップがあります。複数の保険会社を用意しているので来店型保険ショップでは、様々な商品の中から相談者にあったものを見つけてくれます。

Read More...

様々な保険

その保険、今のままで大丈夫ですか

Insurance service

生命保険や医療保険など日本人は何かしらの保険に加入している方が多いですね。最近は保険の種類も豊富になり、従来の保険員から勧められて加入する形式だけでなくインターネットから自分で自由に選んで申し込タイプの保険も増加しています。そこで是非検討したいのが保険見直し。毎月何気なく払っている保険料ですが、年間にすると一世帯当たり平均でなんと45万円以上にもなるのです。年収が300万未満の世帯でも月に1万以上の保険料を払っています。これが保険見直しをすることで10万以上も節約できる場合もあるのです。スマホや電気の節約をする方は多いと思いますが、保険見直しはこれら以上に重要な項目です。できれば今すぐ保険見直しをしましょう。

保険の特徴と必要性を考える

保険には様々な種類があります。代表的なのは生命保険、医療保険、ガン保険などですがその他にも子ども保険や女性保険などニーズによって更に細かく分かれています。ここで考えてほしいのそもそも保険とは何か、ということです。保険を考える上で大切なのはだれが、いつまで、どのくらいの金額の保障を必要とするかです。子どもがいる人は、子どもが成人するまでの間の保障、特に死亡保障が手厚い定期保険が必要になります。それでも5千万円もの高額な保障は必要ありません。また、女性なら既婚にしろ独身にしろ終身タイプの医療保険に加入するのが一番ベストです。女性向けの保険を謳っているものもありますがこのタイプは保険期間が決まっている定期保険であり、更新や新たに入りなおすとかえって高い保険料を払わなければならないからです。この他にも本来は必要のない特約がついているものや、セールスマンから勧められて加入したものは無駄に高い保険料を払っている可能性が高いので一度見直してみましょう。